長良川鵜飼屋花火大会が、昨晩、開催されました。

多くの皆さまに支えられて、 無事に「開催」へ漕ぎ着くことができました。

直前まで日時場所を一般公開せず 「シークレット開催」とした、今年の長良川での花火大会は、

たった、15分間の花火でした。

事前にこの大会を知り、この大会へ自分も関わりたい、という意思表明をいただいた皆様にのみ、日時をお知らせいたしました。

日時を知りつつも会場から離れた場所から見ていただいた方、 会場で、互いにルールを確かめ合いながら、観覧いただいた方、 見ることのできない場所からこの大会に想いを馳せていただいた方がたの、 想い、祈り、願い、共感や感動、 昨晩の花火には、支えてくださった方すべての気持ちが、込められていました。 本当に「無事」だったと言いきることができるのかどうかは、しばらく経ってからしかわからないのかもしれません。

しかし今、たしかに言えることといえば、 東京オリンピックまでもが延期となった2020年、 岐阜・長良川では、想いある人たちの手によって、花火大会が開かれた、ということ。 長良川花火の灯は、小さくも、絶やされはしなかった、ということ。 当花火大会の趣旨をご理解いただき、お力添えいただきました すべての皆様に、あらためて、大きな感謝を伝えたいと思います。
本当にありがとうございました。

2020年8月30日

長良川鵜飼屋花火大会実行委員会
長良川リバースケープ 有志一同

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)

メッセージ本文(必須)

  • ALL